ダイヤモンド買取と4Cについて

ダイヤモンド買取の際には、鑑定士はダイヤモンドを4Cに準じて鑑定結果を出します。

この4Cとはもう多くの方がご存知のダイヤモンド基準ですね。

ダイヤモンド4Cとは、カラット、カット、カラー、クラリティのことで、全てにCがつくことから、4Cといいます。

ダイヤモンド買取の際に鑑定士は、ダイヤモンドを鑑定し、この4Cで定められたランクのどれに当てはまるかを項目ごとに見ていきます。

4つのCにランクが定められているので、比較的、ダイヤモンドの鑑定は安定していると言えるでしょう。

よほどのことが無ければ、プロである鑑定が間違うということはありませんが、ダイヤモンドの鑑定書我無い場合は、ダイヤモンド買取の際にはできるだけ経験のある鑑定士に鑑定してもらうことをお勧めします。

4Cには各々区切りの様なものがあり、このランクから一気に価格が上がるという様なこともあります。

ダイヤモンド買取にはこの4Cがポイントとなります。